出版物の紹介

(一社)静岡県建築士事務所協会 販売図書

環境にやさしい公共建築物ガイドブック
A4判 70頁/発行日:1998年12月
定価:1,234円/会員価格:823円

 今日、都市化の進展や科学技術の発達により、生活の利便性が向上する一方で、資源やエネルギーが大量に消費され、私達の日常生活や事業活動による環境に与える影響が、地域環境のみならず地球環境全体まで損なう恐れのあることが指摘されています。
 静岡県においても、県有建築物の整備にあたって積極的に省エネルギー・省資源対策等を推進することとし、静岡県都市住宅部営繕総室及び環境部環境共生総室の監修のもと、環境にやさしい公共建築物ガイドブックを作成しました。
 本書では、各種建築物を計画する際に、省資源・省エネルギーなど環境負荷軽減の観点から考慮すべき事項について、その基本的な考え方や技術・方策例を示すことにより、環境にやさしい建築物の整備を推進することを趣旨としています。

ユニバーサルデザインを活かした建築設計              (誰もが使いやすい建築づくり・ビジュアルガイド2001)          
A4判 111頁/発行日:2001年3月
定価:1,234円/会員価格:823円

 ユニバーサルデザインは「すべての人のためのデザイン(構想、計画、設計)」であり、まちづくりやものづくりを進めるにあたり、年齢、性別、身体、言語など、人々が持つ様々な特性や違いを越えて、はじめから、できるだけすべての人に配慮した、利用しやすい製品、建物、環境等のデザインをしていこうとする考え方です。
 このガイドブックは、だれもが使いやすい公共施設とするため、床の段差解消やエレベーター、託児所、ベビールーム、広いトイレの設置など、県民や専門家のアドバイスや意見、職員が行ったお年寄りや障害のある人の疑似体験、さらには、県有建築物利用者満足度調査などを通じて研究した結果をまとめたものです。

静岡県既存建築物の耐震診断・補強計画マニュアル 2006年版
A4判 229頁/発行日:2006年8月
定価:7,200円/会員価格:5,143円

喫圈\轍県既存鉄筋コンクリート造建築物の耐震診断・補強計画マニュアル
曲圈\轍県屋内運動場等建築物の耐震診断・補強計画マニュアル
景圈\轍県既存建築物の免・制震補強計画マニュアル

 本マニュアルは、2002年版の「静岡県既存鉄筋コンクリート造建築物の耐震診断・補強計画マニュアル」「静岡県鉄骨ビルタイプ建築物の耐震診断マニュアル」「静岡県屋内運動場等建築物の耐震診断マニュアル」を最近の知見に基づき改訂。近年、耐震補強として居ながら工事が出来る、免震工法・制震工法などが注目されていることから免・制震編を充実させました。耐震業務の手引書としてご活用下さい。
※在庫終了し、複写印刷にて増刷したため、販売価格が下がりました。

既存壁式プレキャスト鉄筋コンクリート造建築物の耐震診断指針  耐震診断プログラムの概要CD
A4判 /発行日:2005年1月 改定:2008年1月
定価:51,429円/会員価格:30,857円

 本指針は、既存中低層壁式プレキャスト鉄筋コンクリート造建築物の耐震診断を行う際に用いられるもので、第2次診断法により計算する。
 なお、一定の条件を満たせば既存壁式鉄筋コンクリート造建築物の耐震診断を行う際にも適用できるものとなっている。
【※耐震診断プログラムソフトCD及びソフト使用マニュアル付属】

構造標準図2009
CD/発行日:2009年9月
定価:5,143円/会員価格:3,086円
 
 今般、(社)静岡県建築士事務所協会 技術耐震委員会は、会員の設計業務を支援し、設計図書の品質向上を図ることを目的として、標準図を作成いたしました。
 会員向け、小規模建物向けの標準図としての位置づけですが、非会員の皆様にもご利用いただける充実した内容となっております。
 標準化により、設計及び加工上の省力化、加工ミスの抑制が行われるとともに、この技術背景を理解することにより設計そのものに、これら技術を還元することを目的としています。
 標準図は、鉄筋コンクリート造(壁式コンクリート造)、鉄骨造、木造の3つの構造別に分かれて記述されております。
※こちらのCDを購入していただければ、当協会HPより最新版がダウンロードできます。(最新バージョンアップ:お知らせ2013.11.26)
※2014.11.17木造標準図(2)の訂正版をアップしました。

静岡県木造住宅耐震補強マニュアル(改訂版)
A4判120頁  平成21年8月発行
定価:1,029円/会員価格:1,029円
静岡県住宅・建築物耐震化推進協議会
耐震診断により耐震性が不足すると判定された木造住宅は、適切な補強計画とできるだけ安価で適切な補強工事によって、耐震性が確保されることが望まれます。本マニュアルは、耐震診断・補強計画の策定・補強工事に携わる専門家の方々に、是非習得していただきたいことがらをまとめたものです。

(販売休止)建築・設備特記仕様書・構造標準図2013CD
CD/発行日:2013年10月
定価:8,229円/会員価格:4,114円
 
※建築・設備特記仕様書の内容の一部に改訂があり、今現在販売を休止しておりますのでご了承ください。
なお、構造標準図の購入をご希望の方は構造標準図2009年版をお買い求め下さいますようお願いいたします。


 静岡県設備設計協会と静岡県建築士事務所協会が共同で「環境にやさしい機械・電気設備工事特記仕様書」を作成し、併せて建築・構造とともに平成25年10月に県内3会場で講習会を行いました。その時の資料を販売致します。

【詳細】
 嵬畋ぁε感撻灰鵐リート造・鉄骨造 構造標準図 改訂H25年版」
◆峭事監理チェックシートH23年度版」
「環境にやさしい建築工事特記仕様書 改訂H25年版」
ぁ峇超にやさしい機械・電気設備工事特記仕様書」
※CD1枚の中に 銑い入ってます。(JWW/PDF)
※この先バージョンアップした場合は、協会HPのお知らせに掲載しますので、その際はCD内の「必読 注意事項」にパスワードが入っておりますので、そちらを入力して下さい。
(最新バージョンアップ:お知らせ2013.11.26)
 嵬畋ぁε感撻灰鵐リート造・鉄骨造 構造標準図 改訂H25年版」
 −構造標準図2009年の改訂版になります。
 ※構造標準図のみ購入希望の方は2009年版を購入して頂き、最新版を協会HPから
  ダウンロードして下さい。
 ※2014.11.17木造標準図(2)の訂正版をアップしました。

「環境にやさしい建築工事特記仕様書 改訂H25年版」
 −環境にやさしい特記仕様書2011年の改訂版になります。
 

静岡県における建築物の東海地震対策のあゆみ
A4判 100頁/発行日:2012年3月
定価:514円/会員価格:514円
一般社団法人静岡県建築士事務所協会
1976年に「東海地震説」が公表されて以来、静岡県においては様々な地震対策が行われてきました。中でも既存建築物の地震対策については、耐震診断の基準をつくり、実際に診断を行い、建築物の補強方法を開発し、実際に補強工事を行うことによって、建築物の耐震性の向上を図ってきました。本書は、そのような建築物の地震対策を主導してこられた学識者・行政関係者・実務者の方々のこれまでの体験を記録し、静岡県における東海地震対策のあゆみを次世代に引き継ぐとともに、今後の対策に役立てていただくため資料としてまとめたものです。

静岡県既存建築物(RC造、S造)の対津波診断マニュアル
A4判 210頁/発行日:2015年8月
定価:4,320円/会員価格:3,240円
 
 東日本大震災による甚大な被害に遭遇し、私たちは、改めて津波の威力を痛感し、津波の浸水が想定される地域の建築物、特に津波避難ビルについては対津波性能の評価が欠かせないことを認識しました。
 建築物の対津波性能の評価手法としては、国土交通省から『東日本大震災における津波避難ビル等の構造上の要件に係る暫定指針』が示されておりますが、本マニュアルはこの暫定指針に基づいて津波避難ビル等の対津波性能を評価する際の手順、各種係数等の設定方法、耐力の計算方法、評価方法等について具体的に解説したものです。例題や資料も豊富で大変理解しやすい内容となっています。
 マニュアルの策定にあたっては、東京大学生産技術研究所教授の中埜良昭先生を委員長とする「静岡県既存建築物対津波診断マニュアル作成委員会」のご指導をいただきました。

(一社)日本建築士事務所協会連合会 販売図書

四会連合協定 建築設計・監理等業務委託契約書類(平成27年2月23日版)
A4判、改正版2015年3月発行
定価:1,296円/会員価格:972円
四会連合協定 建築設計・監理等業務委託契約約款調査研究会
 建築士法の一部を改正する法律が平成26年6月27日に公布され、平成27年6月25日施行となったことに伴い、改正版を発行いたしました。
 新たに法律で規定される書面の相互交付事項に対応した契約書の様式に改正するとともに、契約業務一覧表の書式の見直し等の改正を行っています。
 書類の内容は以下のとおりとなっております。

1)業務委託契約書(5種類)
 ・建築設計・監理業務委託契約書 2通 ☆
 ・建築設計業務委託契約書 2通 ☆
 ・監理業務委託契約書 2通 ☆
 ・調査・企画業務委託契約書 2通 ☆
 ・建築設計、調査・企画業務委託契約書 2通 ☆
2)建築設計・監理等業務委託契約約款 2冊
3)業務委託書(2種類)
 ・契約業務一覧表 1冊 ☆    
 ・基本業務委託書 2冊
4)業務委託契約書類の表紙 2通
5)重要事項説明書(建築士法第24条の7の書面) 1通 ☆
6)工事監理報告書(建築士法第20条第3項の書面) 1通 ☆
7)契約書類の構成と使用上の留意事項 1冊
8)契約書の記載例
9)参考資料オプション業務サンプル一覧表 1冊
(☆印はデータをダウンロードできる書類です。ダウンロードは四会連合協定 建築設計・監理等業務委託契約約款調査研究会のHPをご覧ください。)

四会連合協定 建築設計・監理業務委託契約書類(小規模向け)
A4判、改正版2015年3月発行
定価:1,080円/会員価格:864円
四会連合協定 建築設計・監理等業務委託契約約款調査研究会
 四会契約書類の改正と併せて、かねてより要望の多かった戸建住宅等の小規模建築物向けの設計・監理契約書類を新たに発行いたしました。これは、現行の四会契約書類に比べて、戸建住宅等に使いやすく簡便な形式となっており、また、今回の建築士法の一部を改正する法律にも対応しております。
 書類の内容は以下のとおりとなっております。

1)建築設計・監理業務委託契約書(小規模向け) 2通 ☆
2)建築設計・監理業務委託契約約款(小規模向け) 2冊
3)業務委託契約書類の表紙 2通
4)重要事項説明書(建築士法第24条の7の書面) 1通 ☆
5)工事監理報告書(建築士法第20条第3項の書面) 1通 ☆
6)契約書類の構成と使用上の留意事項 1冊
7)契約書の記載例 1通
(☆印はデータをダウンロードできる書類です。ダウンロードは四会連合協定 建築設計・監理等業務委託契約約款調査研究会のHPをご覧ください。)


改正建築士法による重要事項説明のポイント(第3版)           
A4判 96頁、2015年11月20日発行
定価1,404円/会員価格:1,263円

平成27年6月25日より改正建築士法が施行されました。この改正では、延べ面積300崢兇侶築物の新築工事等に係る設計・工事監理業務について、書面による契約が義務づけられ、契約に関連するルー ルは、一層の充実が図られることとなりました。
 この法改正を契機に、重要事項説明と他の契約関 連規定との関連性や改正後の法令との整合性を図り、 平成20 年11 月に発行した「改正建築士法による重 要事項説明のポイント」を改訂し、「建築士法による 重要事項説明のポイント」として発行いたしました。
 契約に至る流れの中で、重要事項説明(法第24 条の7)、契約(法第22 条の3 の3)、書面の交付(法 第24 条の8)の関係を法改正に基づき丁寧に解説しています。

業務記録台帳(NFコード401)
A4・20枚セット
定価:2,160円/会員価格:1,080円
一般社団法人日本建築士事務所協会連合会
A4・20枚セットの業務記録台帳です。

失敗を繰り返さないために 実例に学ぶ建築設計・監理の予防と対策
A4判 184頁/発行日:2001年3月
定価:3,780円/会員価格:3,403円

 アンケート調査により報告された不具合事例についてそれぞれ状況・処置、考察という形で不具合の発生原因、対処方法、再発防止策をまとめ、類似問題の予防に役立つように編集されている。

設計事務所のISO9001 認証取得ガイドブック             
B5判 233頁/発行日:2002年8月
定価:2,777円/会員価格:2,500円

 設計事務所という業務を中心としてISO9001に基づく品質マネジメントの考え方、取り組みを詳述。一般的なシステムの概要から具体的な品質マネジメントシステムについて、さらにISO9001規格の設計事務所としての逐次的な解釈まで説明。
 これから認証取得をめざす際の具体的な参考書として活用できる内容になっている。

知っておきたい建築構造の工事監理(鉄骨造編)
A4判 233頁/発行日:2001年11月
定価:5,400円/会員価格:4,860円

 近年、建物の複雑化と材料・工法の変革が急激に進展するなかで「不具合な建物」の問題が顕在化している。この原因は施工者の知識・技術力不足にもあるが、工事監理の重要性に対する設計者の認識不足にあることも否めない。
 本書は、構造を専門としない技術者でも、今何をすべきかを理解し、構造設計者などの専門技術者との連携によって構造の工事監理ができる内容としたものである。

建築設計におけるコスト戦略
A4判 119頁/発行日:2005年2月
定価:4,320円/会員価格:3,888円

 クライアントの建築コストに対する関心は高く、建築士事務所も設計プロセスの進捗にあわせて適切な説明が求められている。単なる概算金額の算出ではなく、説得性のあるコストを提示し、信頼を得ることが必要であり、ITなどを駆使した戦略的な方法を活用することを目的として作成した。

実例に学ぶ建築士事務所のトラブル予防
A4判 90頁/発行日:2013年8月
定価:2,571円/会員価格:2,057円

 建築士事務所協会では、建築士法第27条の5(苦情の解決)に基づき、建築主等からの建築士事務所の業務に対する苦情について解決の申出があったときは、その相談に応じ必要な助言をするとともに、事情の調査や建築士事務所の開設者に対し迅速な処理を求める等の苦情の解決業務を行っております。
 本書は、苦情の事例の中で、特に参考となるものをピックアップし、苦情発生の原因や対処法の参考にしていただくこととしました。
 また、併せて、実際に訴訟に発展した事例や、建築士事務所賠償責任保険の事故例を掲載することで、訴訟における争点や、保険の必要性及び事故防止へのヒントとしてご活用いただけるようになっております。

2015年 構造設計Q&A集
A4判351頁、2015年10月6日発行
定価:7,020円/会員価格:6,318円
一般社団法人 日本建築士事務所協会連合会
2005年発行の「建築基準法改正に基づく 構造設計Q&A集」をその後の法令改正や「2015年版建築物の構造関係技術基準解説書」の内容を踏まえて改訂しました。
 構造計算適合性判定の審査の円滑化を目指し、構造計算適合性判定時に指摘が多い構造設計上の留意点の解説、保有水平耐力計算の解説などを付加しました。

改正建築士法による設計受託契約等のポイント
A4判 116頁、2015年11月19日発行
定価:1,620円/会員価格:1,458円
一般社団法人 日本建築士事務所協会連合会
平成27年6月25日に施行された改正建築士法で は、延べ面積300崢兇侶築物の新築工事等に係る 設計・工事監理業務について、書面による契約が義 務づけられました。
 本書は、改正建築士法に準拠して書面による契約 を行う場合に、どのような書式、書類を用いたらよい か、どのような手順で書面による契約を締結したらよ いか等、再委託をはじめとするさまざまな対象業務 を含めて丁寧に解説し、豊富な記載例や法定事項の 記載方法などについてのQ&Aを掲載しています。 (平成27年5月〜 6月に開催された「建築三会による建築士・建築士事務所のための改正建築士法講習会」のテキストに講習会で出された質問と回答、新・建築士制度普及協会のHP に掲載されたQ&Aを新たに追加して編集しました)

その他 販売図書