建築士事務所協会

『建築士事務所』とはどのようなものかを説明します。


「建築士事務所」とは


建築士法に定められている、建築の設計・監理業務を行う資格を持つ事務所のことです。扱える建物の規模・構造に応じて「1級建築士」「2級建築士」「木造建築士」に分かれています。

報酬の発生する設計・監理業務を行えるのは各都道府県に登録されている『建築士事務所』です。

「建築士事務所」の仕事


一般的に、特殊な建物や高級物件のみの設計業務を行っているというイメージがあるようですが多くの建築士事務所で一般的な住宅の設計に携わっています。

「建築士事務所」に依頼するメリット


「建築士事務所」に設計・監理を依頼することは、余計な費用を負担しなければならないので割高になるのでは?と言った声を良く聞きますが、本当にそうなのでしょうか?
住まいづくりには非常に多くの要素があって、それぞれに専門的な判断が必要となります。
例えば、建設業者から提示された見積書の内容の正当性を、あなたは判断できるでしょうか?又、現場を見る機会があったとして、基礎の鉄筋の太さ・配筋量が万一不足していた場合、誰がそれを指摘するのでしょうか?確かに住宅メーカーや大工さんに依頼した場合でも建築士が図面の承認を行い、建築確認済証を受けているはずですが、その建築士は誰に報酬を受けているかを考えてみて下さい。
どんな職業の人でも、仕事の依頼者の利益を優先するのは当然ではないでしょうか。
同じ理由で、あなたが「建築士事務所」へ設計・監理を依頼した場合には、当然依頼者であるあなたの利益を第一に考え、施工業者に対しても毅然とした姿勢で業務を遂行することが出来るでしょう。
あなたの要望を良く聞き、最良なかたちで設計図書に反映させ、必要であればその全てに対しての説明を行い、工事金額も隅々までチェックを行い適正なものとし、工事が図面の通り行なわれているかを監理し完成後その検査を行い、結果を報告することが出来る。
それこそが「建築士事務所」の仕事なのです。


設計料の目安



現在、準備中です。